妙恵会総墓所に眠る妖刀ムラマサ

2013年5月21日      ブログ, 雑記      松林院

松林院の墓地がある妙恵会総墓所のお堂には、昔から「妖刀ムラマサ」と言われる日本刀が封印されています。

この話を初めて聞いた少年時代の私は、ついつい…

この様な物語展開に胸を躍らせ、話を聞くやいなや

「きっと素敵なことが始まったんだって!」と妙恵会総墓所に走っていきました。

でも、やっぱり、そこは現実。。相方になるはずの妖怪もいるはずもなく、

空から降りてくる少女もいませんでした。

小坊主のロマンは簡単に打ち砕かれてしまったのですorz

しかし!この妖刀ムラマサには、次のような伝説が代々伝わっています。

「昔々、この妖刀ムラマサは人間の血を欲し、手に取った人間を操り、夜な夜な人を斬

り、血を吸い続けました。

困り果てた町人達が、お坊さんに相談し、妖刀ムラマサをお祓いすることになりまし

た。

〜中略〜

妖刀ムラマサを持った辻切りをお堂に誘い、

お坊さんがお経を唱えると、妖刀ムラマサの刃の部分が柄から飛び抜け、

お堂の天井に突き刺さり、以後天井から抜けなくなったといわれています。」

それでは、その妖刀ムラマサの画像です。(;゚д゚)ゴクリ…

え、どこ?って?

ここです!!

私が言いたいことは、ただ一つです。。

 

絶対に触らないで下さい!!